PHPのテクニック

PHPの実践的なテクニックをご紹介していくサイトです。最新テクニックをアップしていきます!初心者から中堅者まで要必見!
previous arrow
next arrow
Slider
Uncategorized

フォームに入力した内容処理

ユーザーがウェブのページで、利用する機会が多いのがフォームです。PHPでフォームに入力された内容を処理することができると、一気にプログラムでできることが膨らみます。こういうプログラムには、HTMLの知識が必要です。HTMLの学習も合わせてやりましょう。フォームに記入した内容というのは、form要素の「action」属性で指定されたファイルに送信されることになります。このときの送信先がPHPだったら、その内容が一時的に保存されます。それを自由に使うことができます。PHPでは「グローバル変数」という変数を自動的に作り出します。フォームで記入された内容を、それで代入しています。「my_name」というname属性のテキストフィールドが送られてくる値というと「$_REQUEST[‘my_name’]」という変数名で得られます。実際にルールに則っているので、覚えるのは簡単です。記述の仕方は次の通りです。「」です。これで基本的な動作はできるようになりますが、基本的な動作ができるようになったとしても、正常に動かないということもあります。HTMLでは「<」「>」に挟まれた記号は、HTMLタグと誤認識することがあります。誤認識すると画面には表示されなくなります。これで、困るのがハッキング行為につながってしまうことです。これは非常に危険な状態です。「print(thmlspecialchars($_REQUEST[‘my_name’],ENT_QUOTES));」」。「ENT_QUOTES」は「’(シングルオーテーション)も安全に受信するという意味のパラメータです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です