PHPのテクニック

PHPの実践的なテクニックをご紹介していくサイトです。最新テクニックをアップしていきます!初心者から中堅者まで要必見!
php
php
php
Arrow
Arrow
Uncategorized

重複確認を行うこと

誤ってすでに会員の人が登録してしまった場合などがあるのと、アカウントが重複するということが起こるそうです。こうした場合のために「重複確認」ということも行う必要があるそうです。データベースへの接続が必要になるそうです。「dbconnect.php」を「require」ファンクションで参照するそうです。それで重複を確認するそうです。重複を確認するのは「members」テーブルから、入力されたメールアドレスのレコードが保存されているかどうで確認することができるそうです。それから「mysql_real_escape_string」ファンクションで無害化することも忘れないようにしないといけないそうです。COUNT のSQLを利用する方法を用いていれば、もし存在していたらその件数を取得することができるそうです。「mysql_query」ファンクションや「mysql_fetch_assoc」ファンクションというものは、データベースを操作するための定番のファンクションだそうです。「$table」変数に取り出していくそうです。件数は「COUNT(*)AS cnt」として別名をつけるそうです。そのため「$table[‘cnt’]」で件数を取得できるそうです。この値が1以上であった場合は、そのメールアドレスが既に登録しているということがわかるそうです。そうなったらエラーとして記録をしておくそうです。重複している旨のエラーメッセージを表示するそうです。これならば、同じメールアドレスを登録するのを防ぐことができるようになったということのようです。エラーの記録としてな「$error[‘email’]」を「duplicate」とするそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です