PHPのテクニック

PHPの実践的なテクニックをご紹介していくサイトです。最新テクニックをアップしていきます!初心者から中堅者まで要必見!
php
php
php
Arrow
Arrow
Uncategorized

周辺の画面と処理

情報を入力した後に表示される確認画面や、情報を書き直すための画面を作成する必要があるそうです。これができたらデータベースに情報を登録していくプログラムを作るそうです。すべての情報を正しく入力したら、確認画面に移動するということがあるかと思います。この時はすでに、セッションに入力した情報は保存されるそうです。check.phpの内容を作成していけばいいそうです。入力画面というのに、入力した内容をセッションに記憶するようにしてほしいそうです。そのためには、はじめにそのセッションの情報を取り出すそうです。しかし、もしこのとき「$_SESION[‘join’]」というのに何もなかったら、入力画面を経ることなく直接check.phpが呼び出された可能性があるそうです。その場合には、それ以上に処理を続けないで入力画面である「index.php」に移動させているそうです。確認画面で、セッションの内容を表示させると思います。そこでユーザーが入力した内容を画面に表示するときは、必ず「htmlspecialchars」をかけることを忘れないようにしてほしいそうです。不正な利用を防止しておくようにしてほしいそうです。チェック画面には、間違いに気づいたら入力画面に戻る「書き直す」機能と、実際に登録作業を行う「登録する」ボタンを作るそうです。「書き直す」の方は「index.php?action=rewrite」というリンク先を指定させるそうです。URLパラメーターの「action」が「rewrite」という内容だった場合には、URLに「index.php?action=rewrite」と指定されたというif構文なのだそうです。書き直すという作業をする場合だそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です