PHPのテクニック

PHPの実践的なテクニックをご紹介していくサイトです。最新テクニックをアップしていきます!初心者から中堅者まで要必見!
php
php
php
Arrow
Arrow
Uncategorized

inde.phpの冒頭部分

「lempty($_POST)」の戻り値がtrueである場合には、内容をチェックする作業が必要だそうです。要するにフォームが送信されていた場合のことだそうです。名前、メールアドレス、パスワードのそれぞれが空であることを確認するそうです。「$error」という配列を作成して、そこに「blank」を入れておくそうです。これは、あとでエラーメッセージを出力するために使用するそうです。配列の名前や「blank」という値自体には意味がないそうです。見分けがつけば「空」でもいいそうです。「1」でもいいそうです。パスワードの文字数も「stren」ファンクションで確認するそうです。4文字以下だった場合は、「length」というエラーとして記録しているそうです。これがすべて終わったら「$error」配列が空であるかを判断するそうです。空の場合には、すべての項目が代入されることがわかるそうですので、セッションに値を保存して「header」ファンクションで次の画面に移動するそうです。続いて「$error」配列を使ってユーザーに、異常個所を知らせてあげるそうです。また、メールアドレスなどが正常に入力されていなかったら、入力画面に再び戻ったりするそうです。value属性に入力した内容を表示されることができたら、値を再現するそうです。「htmlspecialchars」ファンクションにかけてから表示をしなければ、入力された文字によっては画面が壊れたりすることもあるそうです。画像について検査するのは、「アップロードsたファイルの拡張子が『.gif』または『.jpg』であるかを確認する」というルールだそうです。プログラムは一つ一つ組み立てる必要があるそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です