PHPのテクニック

PHPの実践的なテクニックをご紹介していくサイトです。最新テクニックをアップしていきます!初心者から中堅者まで要必見!
php
php
php
Arrow
Arrow
Uncategorized

条件分岐 (if構文)

PHPに限らず、どのプログラミング言語も先頭からプログラムが実行されます。より動的なプログラミングを行うには、すべてのプログラムコードを経由せずにif構文を使って、実行するプログラムコードを分岐させます。if を使った条件分岐は、とても簡単です。

たとえば「もし雨が降っていたら傘を持っていく、雨が降っていなかったら傘を持っていかない」のように「もし~だったら」と「条件に一致したときの処理」 を記述するだけです。
if構文は単体でも使用できますが、以下のようにelseif 、else を併せて利用できます。

また 、if構文にはルールがあります。まず、if構文は必ず if (条件)から始めることです。また、 elseif 、else は省略可能で elseif は複数記述可能です。

さらに、条件1が FALSE の場合は条件2、条件2が FALSE の場合は条件3、どの条件式もFALSE の場合は else の処理が実行されます。また、ifブロック内でどれかの処理が行われた場合、処理後に ifブロックを抜けます。 他にも、else を記述しない場合はどの処理も実行されない場合があることや、 if構文の条件は、以下の比較演算子や論理演算子を用いて判定を行うことなどが挙げられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です