PHPのテクニック

PHPの実践的なテクニックをご紹介していくサイトです。最新テクニックをアップしていきます!初心者から中堅者まで要必見!
php
php
php
Arrow
Arrow
Uncategorized

require文

スクリプトファイルの中に、別のファイルの内容を取り込むには、 requireJという文を使用します。require文の書き方は次の通りです。 require文が実行されると、 require文が読み込んだファイルの内容で置き換えられます。require(ファイル名);

たとえば、require・(funclib.inc’);という文を実行すると、スクリプトファイルと同じディレクトリにある rfunclib.incJというファイルが読み込まれ、 require文がそのファイルの内容で置 き換えられます。なお、 require文の中には、一般のHTMLとスクリプトを混在させられます。ま た、スクリプトの部分は r<?phpJ と r?>Jのタグで囲む必要があります。

多くのスクリプトファイルで汎用的に使用できるユーザー定義関数を作成した場合、そのユーザー定義関数をスクリプトファイルと別のファイルに入れて、 require 文で取り込む、という方法が考えられます。このようにしておけば、個々のスクリプトファイルにユーザー定義関数を入れず に済むので、スクリプトファイルの作成効率が上がります。また、ユーザー定義関 数の内容を更新する場合、その関数が入ったファイルだけを更新すればよしこれ も効率を上げるのに役立ちます。ユーザー定義関数のファイルは、 r<?php」のタグから始め、 「?>」のタグで終わるようにします。そして、それらのタグの聞にユーザ一定義関数の本体を書きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です