フォームの使い方 

フォームでパスワードを入力する場合、入力した文字列は「***」のように表示されることが望ましいです。<INPUT>タグを使用すると、そのような入力欄も作成で きます。書き方は通常の入力欄とほぼ同じですが、 typeとして「pasword」を指定する点が異なります。

<INPUTtype=”pas sword”name=”名前 “size=”幅 ” [value=”初期信”]>

たとえば次のように書くと、名前が 「pass」で、幅が10文字分のパスワード入力欄が作成できます。

<INPUTtype=”pasword”name=”pas”size=”10″>                                                

ホームページピルダーを使用してこのタグを作成する場合は、通常の入力欄とほぽ同じ手順になります 。ただし、設定のダイアログボックスで、「入力タイプ」にある「パスワード 」をオンにします。フォームで複数行のメッセージなどを入力するには、複数行用の入力欄を作成します。複数行入力ができる入力欄は<TEXTAREA>-</TEXTAREA>というタグで表します。書き方は次の通りです。<TEXTAREAname=”名前”rows=”行数”cols=”列数”>初期信〈/TEXTAREA>行数と列裁の部分で、入力欄の縦横の大きさを指定します。また、入力欄にあらかじめ文字列を表示しておきたい場合は、初期信の部分で指定します。初期信の中に改行を入れると、入力欄に表示される際にも改行されます。