最新のバーベキュースタイル

バーベキュー少人数対応モデル多数おすすめは車上スタイル

コンパクトタイプといえど、その対応人数はモデルによってさまざま。収納・使用時ともに小さくまとまっているバーベキューグリルがあれば、収納が小さくて使用一時には大きくなるバーベキューグリルもある。ひとりやカップルなどで多く使う人は、ロゴス・グリルキューブやコールマン・パックアウェイグリルあたりが軽量で持ち運びやすく、サイズ感もちょうどいい。

唯一このカテゴリのバーベキューグリルにおいてあてはまるのは、テーブル上で扱えるバーベキューグリルが多数あることだ。実際に使うシーンを想像してみると、テーブルの中央にバーベキューグリルがあるシチュエーションは「焼肉屋」で食べるスタイルといっしょ。テーブルはそこそこスペースに余裕が必要となるが、普段慣れ親しんだスタイルはコミュニケーションを取りながら焼くの非常にいい。サブグリルとしても活躍する、あるとうれしいアイテムだ。

楽して火おこしするのが最新のバーベキュースタイル!

ひと昔前のバーベキュー場では、新聞紙を丸めて火種にして、うちわであおいで炭に火をつける・.. なんでいう姿、があちこちで見られた。火つきの悪い安価な炭など使おうものなら、いつまでたっても火がおきず、火おこし担当はまわりの冷たい視線にさらされながら、汗をかきかき、プレッシャーに耐えて火おこしを続けたものだ。

しかし最新のバーベキュー事情では、炭や道具が進化して、火おこしがひと昔前に比べるとかなり簡単になっている。いちばん進化したものといえば、なんといっても炭。「着火加工成型炭」の登場だ。

これは木炭粉などを成型して作った炭に、着火剤を含ませたもの。ライターなどで直接火をつけると、たちまち炭に火がまわり、あっという間に炭おこしが完了してしまう。これなら火おこしをしたことがないビギナーでも、簡単にバーベキューを楽しむことができる。

東京、新宿でバーベキュー!

バーベキューが東京でもできます。都内の持込BBQパーティーハウス新宿店Pでは都内でバーベキューができます。
おすすめ:バーべキュー東京のパーティーハウス新宿店P